猫の病気

tel_sp.png
メールでお問い合わせ

伝染病

猫パルボウイルス感染症

「パルボウイルス」という菌に感染することで発症する感染症です。感染源は主に病気の猫の便などからと考えられ、発熱、嘔吐、下痢、血尿、食欲低下などの症状が現れます。

猫白血病ウイルス感染症

猫同士の喧嘩など、他の猫(感染猫)と接触することで感染したり、出産時の血液感染などで発症することがある感染症です。発病後は食欲不振や貧血などの症状が現れます。なかにはそのまま回復する猫もいますが、回復しない場合は、猫白血病ウイルスが体内に潜伏し続けることになります。数年で白血病やリンパ腫などの病気を発症させ、死に至ることもあります。

猫免疫不全ウイルス感染症

通称“猫エイズ”とも呼ばれ、感染してから発症までの潜伏期間が長いという特徴があります。感染した猫が、すべて発症するというわけではありませんが、発症すると貧血、高熱、食欲不振や腸炎、肺炎などの症状が現れたりします。

猫伝染性腹膜炎

コロナウイルスの一種である、猫伝染性腹膜炎ウイルスにより、腹膜炎などの症状が起こる感染症です。若い猫に多くみられ、発症率は低いものの、発症すると死亡率が非常に高い病気です。全身に炎症が起こるほか、胸水・腹水が溜まったり、呼吸困難の症状が現れる場合があります。

口の病気

口内炎

口の中にある組織に起こる炎症の総称です。ウィルス感染や免疫力低下など原因は様々ですが、「食事のときに痛がる」「食欲がない」「ヨダレが多い」「口臭がひどい」などの症状が見られます。
難治性の場合もありますが、投薬などによる改善も見込めます。

目の病気

角膜炎

炎症で目のまわりがただれたり、涙や目ヤニが出るようになります。また、くしゃみ・鼻水などの猫風邪の症状も起こる場合があります。

結膜炎

「猫伝染性鼻気管炎」や「猫カリシウイルス感染症」などによって引き起こされる、目の結膜が炎症を起こす病気です。

白内障

レンズの役割をする水晶体の一部、または全部が白く濁る病気です。症状が進行するにつれて白く濁り、視力に影響が出て、最悪の場合、失明することもあります。

耳の病気 

耳ダニ

ミミヒゼンダニが耳に寄生することで発症する感染症です。感染源は主に、ミミヒゼンダニに感染している猫と接触することで、感染します。かゆみが生じて、耳を頻繁に掻くようになります。

外耳炎

耳垢がたまるようになったり、耳ダレが出るようになります。ミミダニが原因で発症する場合もあります。

腫瘍(がん) 

リンパ腫

リンパ球という体の免疫を担う部分が、がん化する病気で、リンパの腫瘍の中で最も多く、半数は猫白血病ウイルス感染が関係していると言われています。てんかんや、食欲低下、嘔吐、下痢、咳などの症状のほか、体重が減ったり、皮膚や粘膜が青白くなる(チアノーゼ)などの症状を引き起こします。

乳腺腫瘍

乳腺にできる腫瘍で、しこりができるなどの症状が現れます。猫がかかる腫瘍の中で比較的に発症しやすく、ほとんどが悪性であると言われています。転移する可能性が極めて高く、早期発見が重要な病気です。

泌尿器系の病気 

腎不全

腎臓の働きが少しずつ弱くなっていく病気で、数ヶ月~数年かけて症状が進行していきます。猫の死亡原因で最も多い病気で、高齢の猫に多いのが特徴です。尿の回数や量が増えたり、多量に水を飲むなどの症状が現れます。症状が進むと食欲不振や水を飲まなくなります。末期入ると尿毒症になり、ケイレンなどを起こすこともあります。

膀胱炎

膀胱炎とは、膀胱が炎症を起こした状態を言います。尿の色が濃くなったり、血尿が出る、頻繁にトイレに行く(頻尿)、尿がまったく出ない(無尿)などの症状が生じたりします。症状が進行すると、お腹や腰を触ると痛がるといった症状がみられます。

ライフ動物病院ブログよくある質問こんなときどうしたらいい?