ノミについて

tel_sp.png
メールでお問い合わせ

暖かい季節になると、ノミが発生します。ノミは犬や猫などに寄生し、彼らの血を吸い卵を産みます。そして、その卵を彼らの行動範囲に多量にばら撒き繁殖します。その為、卵が落とされた場所で後にノミの大量発生がおきます。

ノミによる被害

動物の血液を吸血して動物にかゆみを与えます。  
ノミのだ液でアレルギー反応が起こり、動物に激しいかゆみを伴うノミアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。
ノミを食べることによって(猫は特にグルーミングの時食べます)ノミを中間宿主とする瓜実条虫が消化管内に寄生します。
吸血昆虫なため、ペスト等の伝染病を媒介する可能性もあります。
ヒトにも刺します。(イヌノミ・ネコノミどちらもヒトを刺します)

ノミの駆除をするには

ノミを見つけたらシャンプーをして安心されている方が多いのですが、部屋や寝床にはすでに卵が落とされており、数日後にはノミが発生しまた寄生します。そしてさらに卵が落とされていくため、気づかないうちにノミの大量発生が起こり、ヒトも被害をこうむるほどになります。動物の寝床等でのノミの繁殖はさらに恐ろしく、「ノミの巣」と化します。
ノミの怖さは"宿主の生活環境に多量の予備軍(卵)を撒いて繰り返し増殖していく特徴的なライフサイクル"なのです。

「ノミは1日限りの駆除では完全除去はできません!」

当院におけるノミ駆除対策法

シャンプー 体毛に付いているノミの成虫・幼虫・卵・さなぎ・糞を取り除く。
(持続性の効果がないため寝床に戻ればまたノミが寄生します)
*ノミアレルギー性皮膚炎やその他皮膚炎に関して治療効果があるのでお勧めします。
マイフリーガード (外用薬) ノミの成虫・幼虫、マダニを駆除します。
効果は犬で約2ヶ月、猫で約1ヶ月持続します。
(マダニ駆除効果は犬猫とも約1ヶ月)
スポットタイプ(滴下型)で簡単に投与できます。
毎月継続することをお勧めします。
フロントラインの後発品で国産。効果が同じで、やや安価になっておりますので、フロントラインスポットを今までご使用になっていた方におすすめしています。
フロントラインスポット (外用薬) 上記と同じ効果。
フロントラインプラスには、ノミの成虫・幼虫マダニ駆除に加えて、ノミの卵のふ化抑制効果もあります。(当院には常備していませんが、お取り寄せは可能です)
フロントラインスプレー (外用薬) 上記と同じ効果。
スプレータイプのため、やや手間がかかります。
大柄な子の手足など末端部分、ノミやマダニの多い場所(山など)に出かける時など、スポットタイプと併用して効果を上げる使い方をすることがあります。
レボリューション6% (外用薬) ※ただし、犬は2.5kgまでに使用可。
ノミの成虫・幼虫、回虫、ミミヒゼンダニ、フィラリアを駆除します。
スポットタイプ(滴下型)で簡単に投与できます。ノミ予防効果は約1ヶ月。
主に子犬・子猫時の虫下しとしておすすめしています。
コンフォティス錠 (内服薬) ノミの成虫(犬にはマダニも駆除効果あり)を駆除する経口剤(錠剤タイプ)です。
経口剤なのでシャンプーの影響を受けません。
(効果は犬猫とも約1ヶ月持続します。)
毎月継続することをお勧めします。
ネクスガード (内服薬) 犬専用のノミ・マダニを駆除する経口剤(チュアブルタイプ)です。
経口剤なのでシャンプーの影響を受けません。
( 効果はノミ・マダニとも約1ヶ月持続します。)
毎月継続することをお勧めします。*猫には対象外の商品です。

以上の駆除薬は動物用医薬品ですので動物病院にてお求め頂けます。
*最適な駆除方法や併用の仕方を獣医師と相談して選択して下さい。
(市販で類似品を購入された方も効果がない場合は動物病院で処方されているノミ駆除薬への変更をお勧めします)

ノミのライフサイクル

成虫⇒卵⇒幼虫⇒さなぎ⇒成虫

(卵から成虫までのサイクルは、気温、湿度などに左右されますが2週間から8ヶ月です。)

一匹の成虫が一日に15~20個の卵を産みます。(一生に600個までの卵を産みます)
卵は白く、大きさは0.5mmほどです。表面がさらさらしているので、パラパラと落ちます。

卵は孵化し、幼虫になります。主食はノミの成虫の糞です。
幼虫は2~4mmの大きさで(イモムシ型)、動きまわれます。
成虫の糞は黒く粒状で、水に溶かすと赤く血がにじみ出てきます。
  (ノミがいるかどうかは皮膚に付いている糞を捜して確認します)

幼虫は、2度脱皮を行い、まゆをつくり、さなぎになります。
さなぎは、べとべとしたまゆでほこりや毛布に絡まり、羽化する時期まで待機します。

さなぎは3~10日後に羽化し、成虫になります。
(羽化に適した気温と湿度、動物が通りかかる震動などで羽化します)羽化したノミの成虫はすぐに、吸血するための宿主を探し求め始めます。成虫の寿命は10~20日です。

*ノミにとって常に吸血できる環境で生活できる宿主(犬・猫)は、最高の条件を満たしています。その為、一度寄生した成虫のノミは他に跳び移るなどして宿主を変えることはほとんどないといわれています。

冬でもノミは発生します

ノミは暖かい季節に発生しますが、暖房の効いた家の中では、冬の寒い時期でも繁殖が繰り返されています。

ノミがいた⇒足元には予備軍がいっぱい!

最初に見つけたノミが1~2匹でも、足元に居る予備軍が1ヶ月後には何十匹ものノミとなってまた寄生します。
このようなことから、ノミ駆除薬は、後に羽化するノミまで駆除する必要があるので、持続性の効果のあるものを使用してください。

ノミがいる間は、常に、愛犬・愛猫はかゆみの苦痛を伴っています。かゆみから開放してあげるためにもノミ駆除を行ってあげて下さい。又、小さい虫とはいえ、貧血や寄生虫などさまざまな被害をもたらします。病気の予防のためにもノミ駆除は必要です。

ライフ動物病院ブログよくある質問こんなときどうしたらいい?