PenHIP検査・細胞免疫治療

tel_sp.png
メールでお問い合わせ

PennHIP法について

犬の股関節形成不全について

股関節形成不全は、犬によくみられる遺伝性の整形外科疾患です。犬種によっては、50%以上が羅患しているとされており、将来的に痛みや関節の硬直をともなう股関節炎を引き起こし、QOL(生活の質)の低下に繋がります。大型犬・超大型犬が羅患した場合は特に深刻な影響を与え、薬や手術などによる治療を行っても完璧な治癒を見込むことはできません。

PennHIP法について

PennHIP法(股関節スクリーニング検査)とは、ペンシルバニア大学獣医学部のゲイル・スミス博士により考案・開発された検査方法です。他のスクリーニング法では2歳以上にならないと診断が下せないのに対して、この方法では生後16週齢という若齢期から、股関節形成不全にかかりやすい犬かどうかを評価することができます。

PennHIP法の特徴

撮影法

PennHIP法の大きな特徴として、撮影法が挙げられます。 特別な股関節伸展器具を装着させ、股関節の緩みの最大値を計測します。股関節の緩みとは、筋肉が十分に弛緩した状態の時、股関節の受け口と大腿骨の頭との緩み具合のことをいいます。この十分な筋肉の弛緩した状態を得るためには、鎮静あるいは全身麻酔が必要となります。

3種類のレントゲン写真を撮影

PennHIP法では、「従来と同じ股関節伸延像」「圧迫像」「伸展像」の3種類のレントゲン写真を撮影します。動物整形外科財団(OFA)が実施している、従来の股関節伸延像のみによる股関節評価は、すでに股関節炎が起こっている場合であれば、正確にそれを発見することは可能ですが、関節炎がまだ存在しない場合には、正常な犬と発症予備軍とを区別することはできません。

伸延像
 
圧迫像
 
伸展像

PennHIP法による股関節のスコアと報告書の解釈

PennHIP法により撮影された3枚のレントゲン写真は、「PennHIP分析センター」の専門家によって診断されます。レントゲン写真は、PennHIP認定獣医師の撮影したものでなければなりません。3週間ほどで次の3点に関する股関節評価報告書が届きます。

  • Distraction Index (DI)という数値で示された股関節の緩み具合
  • その犬種の中での股関節に関するランキング(20頭以上のデータベースがある場合)
  • 股関節炎がすでに存在するかどうか

※Distraction Index (DI)

Distraction Index(DI)とは、股関節の緩みの度合いを測定した結果で、0から1の間の数値で表されます。0に近いDIは、緩みのない非常に締まった股関節であることを表します。1に近いDIは、緩みの大きい股関節であることを表します。
締まった股関節を持つ犬は、緩い股関節を持つ犬よりも股関節炎を起こしにくいとされています。犬を飼う目的が家庭犬、繁殖犬、使役犬のいずれであっても、早期から股関節の評価を受けることは重要となります。

ブリーダーのために

PennHIP法のデータベースに基づいた情報をもとに、同種の他の犬と比べて、股関節に主眼を置いた育種選抜を行うことができます。これにより、他の望ましい素質を犠牲にせずに済むようになります。

ペットオーナーのために

股関節炎を起こしやすい犬かどうかを把握しておくことで、将来起こりえる痛みや、病気の発現を最小限にするためのライフスタイルを計画することができるようになります。

細胞免疫治療

当院では、がん治療として細胞免疫療法を行っています。
細胞免疫療法とは、動物たちの体に生まれつき備わっている免疫力を利用したり、免疫の力を高めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療法です。痛みや貧血などのがんによる症状を緩和する効果のほか、手術後のがんの進行抑制、再発防止などの効果も期待できます。

自らのリンパ球を利用した「免疫細胞療法」 

動物には、病気や怪我を自分で治そうとする「免疫力」という自然治癒力が備わっています。これにより、体内にできたがん細胞や、体内に侵入した細菌やウイルスなどを攻撃して死滅させます。細胞免疫療法では、免疫力の元となる白血球のリンパ球を増殖・活性化させたものを利用します。

免疫細胞療法の種類

非特異的免疫療法「活性化リンパ球(CAT)療法」

犬・猫の血液(10-12ml)からリンパ球を回収し、薬剤を加えてリンパ球の活性化・増殖を行ないます。2週間後、約1000倍に増えたリンパ球を洗浄・回収し、点滴で体内に戻します。非特異的免疫療法はがんへの攻撃力は高くありませんが、免疫力を全体的に高めることができます。

特異的免疫療法「樹状細胞-活性化リンパ球(DC-CAT)療法」

すりつぶしたがん細胞(腫瘍組織)を、樹状細胞と一緒に培養します。樹状細胞はリンパ球にがんを特異的に攻撃させるための目印を持つ細胞です。この樹状細胞と活性化して1000倍に増やしたリンパ球を投与することで、がん細胞に対するリンパ球の攻撃をより特異的にします。がんを狙い撃ちすることで、攻撃力の高い免疫反応が期待できます。

ライフ動物病院ブログよくある質問こんなときどうしたらいい?