予防接種・健康診断

tel_sp.png
メールでお問い合わせ

予防接種

混合ワクチン(犬・猫)

混合ワクチンを接種することで、今後流行する可能性のある病気を予防することができるようになります。当院では、アレルギー反応が極めて少ないとされている、京都微研の混合ワクチンを使用しています。予防できる病気の中には死亡率の高いものありますので、きちんと接種させてあげるようにしてください。

犬の混合ワクチン
ワクチンの種類予防できる病気
6種混合ワクチン
  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬伝染性咽頭気管炎
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬コロナウイルス感染症
9種混合ワクチン
  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬伝染性咽頭気管炎
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬レプトスピラ感染症(イクテロヘモラジー)
  • 犬レプトスピラ感染症(カニコーラ)
  • 犬レプトスピラ感染症(ヘブドマディス)
猫の混合ワクチン
ワクチンの種類予防できる病気
3種混合ワクチン
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症
6種混合ワクチン
  • 猫カリシウイルス感染症(3価)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病ウイルス感染症
混合ワクチンを接種する時期

基本的に、生後2、3、4ヶ月齢にそれぞれ1回ずつ(計3回)接種します。接種した抗体は1年で効力が失われるため、その後は1年に1回接種します。

基本的に、生後2、3ヶ月齢にそれぞれ1回ずつ(計2回)接種します。接種した抗体は1年で効力が失われるため、その後は1年に1回接種します。

フィラリア予防(犬)

フィラリアという糸状の虫が犬の心臓や肺の血管に寄生することで、肺や心臓、そして腎臓などに障害が生じる病気を予防することができます。

ノミ・マダニ予防(犬・猫)

ノミ・マダニが寄生すると、皮膚炎や貧血などの病気を引き起こすことがあります。飼い主様にも寄生する可能性があります。ノミ・マダニを完全に駆除するのは難しいので、きちんと予防しておくようにしましょう。

狂犬病予防(犬)

日本では生後3ヶ月齢以上の犬に、年に1回の狂犬病の予防接種と登録が義務付けられています。現在、日本国内には狂犬病にかかった犬はいないとされていますが、海外からウイルスが侵入する可能性がありますので、きちんと予防しておくようにしましょう。狂犬病は犬だけでなく、人間にも感染する危険性があります。

ワン&ニャンドック(健康診断)

動物たちの健康維持、病気の早期発見・早期治療のためには、健康診断が欠かせません。是非、定期的に受けさせてあげるようにしてください。

検査項目

心臓エコー検査

心臓の弁の動きや状態、筋肉の厚さや動き、血液の流れの異常などを検査します。

心電図検査

心筋の電気の流れを見ることで、心臓の異常を検査します。

胸部レントゲン検査 

心臓の大きさや形態、気管や肺の状態などを検査します。

腹部レントゲン検査 

内臓の各臓器の位置や大きさ、腫瘍の有無を検査します。

腹部エコー検査

各臓器の大きさや、内部の状態などを検査します。

血液検査 

主に腎臓や肝臓の機能に異常がないか検査します。検査センターに依頼するので、結果が出るまでに数日かかります。

費用

猫、小型犬、中型犬 15,500円(税抜)
大型犬(20kg以上) 16,500円(税抜)

健康診断の注意

  • 健康診断は予約制となりますので、事前にご予約ください
  • 健康診断当日の朝は、ご飯をあげないようにしてください(お水はあげても大丈夫です)
  • 午前中にお預かり致しますので、9時~12時の間にご来院ください
  • お迎えは当日の17時~20時となります
  • エコー検査のために、腹部と胸部の毛刈りが必要となります
  • 血液検査の結果は、後日こちらからご連絡させて頂きます
ライフ動物病院ブログよくある質問こんなときどうしたらいい?