リハビリテーションについて

tel_sp.png
メールでお問い合わせ

リハビリテーションの重要性について

治療後、特に整形外科手術後にリハビリテーションを行うことは、立つ・歩く・走るなどの日常生活における運動機能の回復を促し、動物たちや飼い主様のQOL(生活の質)を向上させる上で非常に重要となります。「手術を行い、骨が癒合した」だけでは、「治った」とは言えません。その後、正常に歩けるようになってこそ初めて、「治った」と言えるものと考えています。動物たちが怪我・病気前と同じような生活を送れるように、できる限りサポートさせて頂きます。

リハビリ治療の主な適応症例

  • 椎間板ヘルニアなどの疾患により、起立・歩行に障害が生じた
  • 骨折・脱臼などにより手術を行った後
  • 加齢などにより関節が変形し、生活に障害が生じた

リハビリテーションの目的

リハビリ(リハビリテーション)とは「本来あるべき状態への回復」を意味し、主に次のことを目的に行われます。

  • 筋肉、神経、関節機能の改善・維持
  • 痛みや腫れの軽減
  • 回復速度を速める
  • 筋力、関節可動域(ROM)、持久力、能力の改善・向上
  • QOLの改善・向上

当院では「徒手療法」「運動療法」を中心に、動物の状態や体力に合わせて「低周波電気療法」「鍼治療」なども組み合わせながら、運動機能の回復を促進します。

リハビリテーションを開始する時期

動物の状態や体力によっても異なりますが、手術などの治療が終わってリハビリテーションが開始できる状態になったら、すぐに始められることを推奨しています。立てない・歩けない状態が続けば続くほど、筋力量が落ち、骨が痩せ、関節も硬くなってしまいます。通常、骨折であればプレート固定の手術を行った後、翌日から何らかのリハビリ治療を開始するのが理想です。開始する時期が早ければ早いほど、再び立てるようになる・歩けるようになる時期を早めることが可能となります。

「そのうちよくなるだろう」は危険です

手術などの治療を受けたにもかかわらず、立てない・歩けない状態が続くと、数週間で筋力量が元の1/3程度にまで落ちてしまうことがあります。それを元の状態にまで戻すのに、1年程度の期間が必要になるとされています。また、長期にわたって立てない・歩けない状態が続いてしまうと、立たせることはできても、正常に歩かせることができない場合もあります。

飼い主様の中には、「そのうちよくなるだろう」「しばらく立てないのはしかたない」と思い、そのまま放置されてしまう方もいます。これまでにも、「もっと早くにリハビリを受けていれば…」と思うことが多々ありました。「そのうちよくなるだろう」とお思いになるのではなく、リハビリテーションが可能な状態であれば、できるだけお早目に受けさせてあげるようにしてください。リハビリテーションの開始時期についてのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

少しでも「おかしいな?」と思った時には、すぐにご連絡ください

犬・猫などの動物は4本足で歩くので、異常な歩き方をしていても、飼い主様がそれに気づけない場合があります。また、関節可動域に異常があっても、動物たちがそれをかばうようにして歩き、異常を隠そうとすることがあります。そうして歩き方や関節可動域に異常があるにもかかわらず、正常に見えるように歩いている場合には、原因部分以外のところに負担がかかっている可能性があります。なので、少しでも「おかしいな」と思った時にはすぐにご連絡ください、動物たちは言葉で異常を知らせることができません。飼い主様の「気づき」が、動物たちの健康を守るための重要な手立てとなります。

当院で受けられるリハビリテーション

マッサージ

運動機能が低下した部分を手でマッサージし、血液の流れを促進します。硬くなった筋肉をほぐし、動かしやすくします。

エクササイズ

手で関節可動域を動かすなど、外部から力を加えて関節や筋肉を動かします。また、後ろ足だけで立たせたり、ダンスさせたりするほか、バランスボールの上に立たせたり、跨がせたりして、自分で関節や筋肉に負荷をかける運動も行います。

水中トレッドミル

水中で使用できるルームランナーのような機械を使用して、関節などに負担をかけずに、水中で起立・歩行などの運動を行います。

病院に連れてくるのが困難な場合

動物の状態や体力によっては、当院に連れてくるのが困難な場合もあるかと思いますので、ご家庭でもできる「マッサージ」や「リハビリプラン」をその子に合わせて策定し、飼い主様にご提案させて頂きます。
現在、お困りの方や気になることがある方は、当院までお気軽にご相談ください。

ライフ動物病院ブログよくある質問こんなときどうしたらいい?