猫の病気

猫のよくある症状・病気

目の病気

角膜炎

目の表面を覆っている角膜で炎症が起こった状態です。
外因性のものと内因性のものがあり、外因性では埃や異物が目に入る、喧嘩や事故によって目が傷つくなどの原因が挙げられ、内因性では細菌・ウイルスの感染などが原因として挙げられます。

主な症状

目を痛がる、涙や目やにがよく出る、光を眩しがる、瞬きの回数が増えるなどの異変がみられるようになります。
目をしきりに擦ることで、目のまわりの腫れなどの病気を引き起こすこともあります。

結膜炎

瞼の裏側にある結膜で炎症が起こった状態です。
ウイルス性、細菌性、クラミジアによるもの、喧嘩や事故などによる外傷性など様々な原因が考えられます。

主な症状

主な症状には結膜の充血などがあり、痒みや痛みをともなうため、前足で目をしきりにこするなどの異変がみられるようになります。
重症化すると目やにで、目のまわりが汚れたり、瞼がくっついて開かなくなったりすることもあります。

耳の病気

外耳炎

耳の入口と鼓膜の間(外耳道)で起こる炎症のことで、耳ダニや細菌の感染、アレルギーなどが原因で発病します。

主な症状

強い痒みが生じるため、耳を掻いたり、壁にこすりつけたりするなどの異変がみられるようになります。
また、大量の耳垢が発生し悪臭を放つようになることがあり、重症の場合には、膿の混じった耳だれが出ることがあります。
外耳炎を放置すると、中耳炎に進んでしまう場合があります。

中耳炎

中耳で起こる炎症のことで、外耳炎が悪化して発病することが多いです。

主な症状

外耳炎で起こる一般的な症状のほか、しきりに頭を振る、耳の穴に当たるように足先を入れて掻く、斜顎などの症状がみられることがあります。

皮膚の病気

アレルギー性皮膚炎

アレルギー反応の原因となるアレルゲンの寄生、接触、接種、吸引などにより皮膚が炎症を起こす病気です。
特に多い原因が食物アレルギーによるもので、発病すると体に痒みが生じたり、発疹、脱毛などがみられたりします。

主な症状

体の痒み、発疹、脱毛などの症状が現れます。
また患部を掻いたり噛んだりすることで傷ができ、症状の悪化を招いたり、他の病気の原因となったりすることもあります。

アトピー性皮膚炎

アレルギー反応の原因となるアレルゲンへの接触、吸引などが原因で、痒みをともなう発疹が繰り返し起こる病気です。
花粉やハウスダスト、ダニなど、様々なものが原因として考えられます。

主な症状

全身に強い痒みが生じるため、患部を掻いたり噛んだりするなどの行動がみられるようになることがあります。
発見が遅れて放置していると、炎症を起こしたり脱毛したりするなど皮膚の状態が悪化していきます。

口の病気

口内炎

口腔内の粘膜で起こる炎症のことで、通常、健康状態に問題がなければ自然治癒します。
猫の場合、猫カリシウイルスや猫ヘルペスウイルス、猫白血病ウイルス、猫免疫不全ウイルスの感染が原因で発病するケースが多いとされています。

主な症状

痛みのために食欲が低下したり、口臭が強くなったりします。
重症になると、発熱が起こることもあります。

歯周病

歯茎が炎症を起こしたり、歯を支える歯槽骨が溶けてしまったりする病気で、老猫のほとんどがかかっているとされています。
痛みがあるために食事がとれなくなったり、口臭が強くなったりします。

主な症状

痛みのために食事がとれなくなったり、口臭が強くなったりするなどの症状が現れます。
また、硬いものが噛めなくなったり、食欲が低下して元気がなくなったりすることもあります。

臓器の病気

慢性腎不全

腎臓の機能が低下し、やがてはまったく機能しなくなる病気です。
6歳以上の猫に多くみられ、他の腎疾患、泌尿器疾患、感染症などが原因で発病することもあります。
ただ、多くの場合ははっきりとした原因を特定することは難しく、腎臓の機能が半分以上失われてしまってから症状が現れることが多いため、予防するには定期的に健康診断を受けることが重要となります。

主な症状

初期には食欲の低下、多飲多尿などの症状がみられ、進行すると嘔吐、体重の減少、貧血、よだれが出るなどの症状が現れ、最悪の場合、尿毒症を発病して死に至ることがあります。

子宮蓄膿症

子宮に細菌が感染して炎症を起こすことで、子宮内に膿が溜まる病気です。
大腸菌、サルモネラ、ブドウ球菌などが原因菌となります。
5歳以降の猫に多くみられますが、若年層でも発病することがあります。

主な症状

元気がなくなる、食欲の低下、陰部からの出血、陰部から膿が出るなどの異変、そして多くの場合、多飲多尿がみられます。

腫瘍

乳腺腫瘍

乳房にできる腫瘍で、原因ははっきりとわかってはいません。
主に避妊手術を受けていない10歳前後の雌猫に多くみられることから、ホルモンの作用や老化と関係があるのではないかと考えられています。
ただし、1~2歳の猫でも発病することがあり、猫の乳腺腫瘍は肺への転移が早いので注意が必要です。

主な症状

初期では腫瘍の大きさは数ミリ程度ですが、症状が進行するにつれて大きくなり、出血したり悪臭を放ったりするようになることがあります。

0789266422

お問い合わせ