整形外科

整形外科とは

整形外科とは骨・関節・筋肉・靭帯・腱などの運動器官の病気・怪我、そして先天性疾患や遺伝子疾患を治療する診療科目で、当院の院長は整形外科を専門分野としていて、リハビリ治療やヘルニア治療などに力を入れて取り組んでいます。

普段、動物が正常に立ったり、歩いたりするためには、運動器官が正常に機能している必要があり、機能に問題があると起立や歩行などの日常生活の動作に支障を来すようになるため、QOL(生活の質)の低下に繋がる恐れがあります。

神戸市西区のライフ動物病院では、整形外科を通じて大切なパートナーの快適で健康な生活を応援させていただきますので、少しでも異変をお感じになられた時は、できるだけお早めにご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 歩き方がおかしい
  • 足を引きずっている
  • スキップをするように歩いている
  • 散歩の時、歩く速度が遅い
  • 散歩の距離が短くなった
  • 階段を昇降したがらなくなった
  • ジャンプしない
  • 帰宅しても迎えに来ない
  • 横になっている時間が長くなった
  • 体や関節に触れられるのを嫌がる

など
このような症状にお気づきになられたら、お早めに神戸市西区のライフ動物病院へご相談ください。

整形外科で診る主な疾患

骨折

近年、小型犬の前足の骨折が増えていて、少しの段差から飛び降りただけでも骨折してしまう場合がありますのでご注意ください。

主な症状
  • 足を引きずって歩く
  • 足を気にする様子を見せている
  • 足を上げて歩く
  • 抱っこを嫌がる

など

椎間板ヘルニア

背骨は頸椎7本、胸椎13本、腰椎7本の計27本から形成されていて、それぞれの骨の間には椎間板と呼ばれるクッションのような役割を担う軟組織があり、これが何らかの原因により骨の間から突出して、まわりにある神経を圧迫することで痛み・麻痺などの症状を引き起こすことを、椎間板ヘルニアと言います。

主な症状
  • 階段を昇降したがらない
  • 体や関節に触れられるのを嫌がる
  • 歩き方がおかしい
  • 足先を擦りながら歩く
  • 前足だけで歩く
  • 自分の意志でトイレできなくなる

など

股関節形成不全

股関節形成不全とは犬によくみられる遺伝性の整形外科疾患で、将来的に痛み・関節の硬直などをともなう股関節炎を引き起こして、QOL(生活の質)の低下を招く恐れがあります。
犬種によっては50%以上の犬がかかっているとされていて、大型犬・超大型犬が股関節形成不全になった場合、深刻な影響がおよび、薬物療法や手術を行っても完全な治癒を見込むことが難しいと言われています。

主な症状
  • 腰を左右に振りながら歩く
  • スキップをするように歩く
  • 座り方がおかしい・ぎこちない

など

レッグペルテス

レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)とは、後ろ足にある大腿骨の先端への血液の供給量が不足して、骨頭が壊死してしまう病気です。
はっきりとした原因はわかっていませんが、遺伝性の病気ではないかと考えられています。
幼齢のポメラニアン、プードル、パグ、ダックスなどの小型犬によくみられ、多くの場合、片側の足で起こります。

主な症状
  • 歩き方がぎこちない
  • 爪先だけ付けて歩こうとしている
  • 足を上げたままでいることが多い

など

股関節脱臼

股関節は寛骨臼と大腿骨頭で構成されていますが、交通事故などの強い衝撃により靭帯が切れ、股関節から大腿骨が脱臼してしまった状態です。
交通事故だけでなく、先天的に股関節に緩みなどの異常があった場合、ソファからのジャンプによる軽い衝撃だけでも脱臼することがあります。
治療が遅れると患部を痛みに耐えながら歩行しようするため、よけいに脱臼しやすくなり、繰り返し脱臼が起こる場合には手術が必要になる場合があります。

主な症状
  • 歩き方がぎこちない
  • スキップをするように歩く。
  • 体や関節に触れられるのを嫌がる

など

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿が正常な位置からずれてしまった状態です。
痛みや腫れなどの症状が現れないこともあり、発見が遅れがちですが、不安定感を強く訴えるようになります。
トイプードルやチワワなどによくみられ、治癒のためには手術が必要になります。

0789266422

お問い合わせ