予防接種・健康診断

  • HOME
  • 予防接種・健康診断

予防接種

犬・猫の予防接種

代表的な犬・猫の予防接種として、混合ワクチン(犬・猫)、フィラリア予防(犬)、狂犬病予防(犬)、ノミ・マダニ予防(犬・猫)があります。
これらのうち、混合ワクチンは主にウイルスによる伝染病を予防するもので、予防できる病気の中には死亡率の高い疾患もありますので、毎年、きちんと受けさせてあげるようにしましょう。

混合ワクチン

犬の混合ワクチン

・6種混合ワクチン

<予防できる病気>

  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬伝染性咽頭気管炎
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬コロナウイルス感染症

・9種混合ワクチン

<予防できる病気>

  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬伝染性咽頭気管炎
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬レプトスピラ感染症(イクテロヘモラジー)
  • 犬レプトスピラ感染症(カニコーラ)
  • 犬レプトスピラ感染症(ヘブドマディス)
猫の混合ワクチン

・3種混合ワクチン

<予防できる病気>

  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症

・6種混合ワクチン

<予防できる病気>

  • 猫カリシウイルス感染症(3価)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病ウイルス感染症

混合ワクチンの接種スケジュール

■犬

基本的に生後55~60日齢から3週間ごとに計3回」接種し、その後は毎年1回追加接種します。

■猫

基本的に生後2・3ヶ月齢に1回(計2回)ずつ接種し、その後は毎年1回追加接種します。

フィラリア予防(犬)

フィラリア症とは、蚊が動物を吸血する際にフィラリアという糸状の寄生虫が侵入し、心臓や肺などに寄生することで、各臓器で障害を引き起こす恐ろしい病気です。
定期的に予防接種を受けてしっかり予防するようにしましょう。フィラリア予防について詳しくはこちら

狂犬病予防(犬)

1年に1回、狂犬病予防のための接種を受けることが法律で定められていて、現在では日本で犬の感染は確認されていませんが、海外からウイルスする侵入する可能性があり、発症すれば犬、人間ともにほとんどの確率で死亡に至りますので、きちんと予防接種を受けるようにしましょう。

ノミ・マダニ予防(犬・猫)

ノミ・マダニは体の表面に寄生する小さな寄生虫で、皮膚炎や貧血などの原因となる場合があり、人間にも寄生する可能性があります。
ご家庭でノミ・マダニを完全に駆除するのは難しいため、動物病院でしっかり予防するようにしましょう。(※ノミ・マダニ予防について詳しくはこちら→リンク「24.ノミについて」)

ワン&ニャンドック(健康診断)

ライフ動物病院の狂犬病イメージシニア期に入ったら年に1~2回の健康診断を

犬・猫は6~7歳ごろからシニア期に入り、この時期から様々な病気リスクが高まるようになります。
若い頃は元気で健康でも、年齢を重ねると思わぬ病気にかかる恐れがありますので、シニア期に入ったら年に1~2回は健康診断を受けさせてあげて、病気の早期発見・早期治療をはかるようにしましょう。

 

検査内容

項目 内容
血液検査  主に腎臓や肝臓の機能に異常がないか確認します
※検査センターへ依頼するため、検査結果は後日お伝えいたします
心電図検査 心筋の電気の流れを見て、異常がないか確認します
心臓エコー検査 心臓の状態や血流に異常がないか確認します
腹部エコー検査 体内の各臓器の大きさや状態などを確認します
胸部レントゲン検査 体内の各臓器の位置・大きさ、腫瘍の有無などを確認します
腹部レントゲン検査 体内の各臓器の大きさや状態などを確認します
関節レントゲン検査 四肢、脊椎の半切関節の状態を確認します

費用

犬・猫ともに25,000円(税込)

注意点

ライフ動物病院:免疫細胞免法・健康診断は予約制です。事前にご予約をお取りください
・健康診断当日の朝は絶食でお願いします(お水はかまいません)
・午前中にお預かりしますので、9~12時の間にご来院ください
・お迎えは当日の17~20時となります
・エコー検査を実施するため、腹部・胸部で毛刈りが必要になります
・血液検査は検査センターへ依頼するため、検査結果は後日お伝えいたします

0789266422

お問い合わせ