狂犬病予防接種

  • HOME
  • 狂犬病予防接種

狂犬病とは

狂犬病とは、狂犬病ウイルスに感染することで起こる病気で、発熱、食欲不振、嘔吐、倦怠感などの症状が現れたり、普段とは違った行動をとるようになったりして、数日後には死亡してしまいます。
狂犬病はその名称から「犬だけがかかる病気」と思われている方も多いかもしれませんが、実はそうでなく、人間を含むすべての哺乳動物が感染するもので、感染し発症すると人間も確実に死に至る病気なのです。

狂犬病を予防するには?

現在、狂犬病に対する有効な治療方法は確立されておらず、大切なペットの命を守るためには、年に1回の予防接種をきちんと受けることが重要となります。
狂犬病は予防接種を受けていれば予防できる病気で、日本では狂犬病予防法という法律により1年に1回の接種が義務づけられています。

「狂犬病は過去の話」と安心できません

現在では日本で犬の感染は確認されていませんが、海外からウイルスする侵入する可能性があります。
実際、海外では多くの発症例が報告されています。
昨今のペットブームにより、どのような形で狂犬病ウイルスが侵入してくるかわかりませんので、「狂犬病は過去の話」と安心せずに、きちんと予防接種を受けられるようにしてください。

ペットが人を咬んでしまった時は?

もし、ペットが人を咬んでしまった時は、必ず保健所へ届け出るようにしてください。
これは法律によって義務づけられています。
保健所に届け出た後は、保健所の指示に従って、動物病院で獣医師に犬が狂犬病に罹患していないかどうか鑑定してもらうようにしましょう。

0789266422

お問い合わせ