再生医療について

  • HOME
  • 再生医療について

再生医療とは

神戸市西区のライフ動物病院では、椎間板ヘルニアによる後躯麻痺や自己免疫性疾患などに対する再生医療を行っています。
再生医療とは、動物自らの細胞を体外で培養し、病気や怪我の治療に役立てる新しい治療方法です。
動物自らの細胞を使用するため、拒絶反応などが起こる可能性が極めて低いのが特徴です。

椎間板ヘルニアとは

背骨は頸椎7本、胸椎13本、腰椎7本の計27本から形成されていて、それぞれの骨の間には椎間板と呼ばれるクッションのような役割を担う軟組織があり、これが何らかの原因により骨の間から突出して、まわりにある神経を圧迫することで痛み・麻痺などの症状を引き起こすことを、椎間板ヘルニアと言います。

2種類の細胞治療

幹細胞療法

骨髄や皮下脂肪に含まれる、様々な組織の元となる幹細胞を使用して、骨、軟骨、筋肉、血管などの臓器・器官の修復をはかる方法です。
椎間板ヘルニアなどの神経疾患、治癒しにくい骨折、腎炎・肝炎などの炎症系疾患、多発性関節炎などの自己免疫疾患に対して効果が期待できます。

免疫細胞療法

生まれつき備わっている免疫細胞の力を高めることで、動物のQOL(生活の質)を向上させたり、がんの再発・進行を抑えたりする方法です。免疫細胞療法について詳しくはこちら

0789266422

お問い合わせ