リハビリテーションについて

  • HOME
  • リハビリテーションについて

大切なペットのQOL(生活の質)のために

神戸市西区のライフ動物病院では、怪我や骨折などのために手術を受けたペットへ、運動機能の回復を目的としたリハビリテーションを行っています。
治療・手術後も今まで通りの生活が送れるように、できる限りのサポートを行わせていただきます。
リハビリでは徒手療法や運動療法を中心に行い、動物の状態・体力に応じて低周波電気療法や鍼治療なども組み合わせて運動機能の回復を目指します。

こんな場合にリハビリを行います
  • 椎間板ヘルニアなどの疾患により、立つ・歩く・走るなどの日常生活に支障を来すようになった
  • 骨折・脱臼の手術を受けたが、回復が思わしくない
  • 肩関節不安定症がみられる(完全に脱臼はしないが不安定な状態)
  • 加齢などの影響により関節が変形してしまった

など
このような症状でお困りでしたら、お気軽に神戸市西区のライフ動物病院へご相談ください。

できるだけ早くリハビリを始めるのが大事です

リハビリイメージ:ライフ動物病院リハビリを受ける動物の状態や体力にもよりますが、手術後、リハビリが受けられる状態になったら、できるだけ早く始めることをおすすめしています。
立つ・歩く・走るなどの日常動作に支障を来している状態が長引くほど、思わしい結果が得られにくくなります。
運動機能の回復ということから考えると、各種治療・手術により骨が癒合したり、怪我が治っただけでは不十分と言え、それら疾患の影響がなくなり、きちんと立てる・歩けるようになって初めて“治癒した”と言えます。
そのためには早期からのリハビリの開始が重要となりますので、適切なタイミングを逃さないためにも、できるだけお早めにご相談ください。

動物のリハビリでも“モチベーション維持・向上”が大事

リハビリイメージ②:ライフ動物病院経験豊富なベテランVT(動物看護師)が中心となってリハビリを行いますが、この時、人間のリハビリと同じように、“モチベーションの維持・向上”を大切に考えて行うようにしています。
リハビリに関する技術も重要ですが、動物たちへの献身さ、楽しみながらリハビリができる工夫などもとても大事で、当院にはそれができるスタッフが揃っています。
リハビリを受けさせるにあたって、「かわいそう」「大変そう」と思われる飼い主様もおられるかもしれませんが、動物にも楽しんでもらいながら実施させていただきますので、どうぞ安心してお任せください。

 

「そのうち良くなる」と思わずに一度ご相談ください

リハビリイメージ③:ライフ動物病院日常動作に支障を来した状態が続くと、数週間程度で筋力が元の1/3程度にまで低下してしまうことがあります。
これを元通りにするのに1年程度の時間が必要とされていて、リハビリにより立たせられるようにはなっても、正常に歩行できなくなってしまうこともあります。
これまでご相談いただいたケースの中には、「もっと早くご連絡いただけていれば…」と思うものも多々ありました。
飼い主様の中には治療・手術後、「歩けないのは仕方ない」「そのうち良くなるはず」と思われてリハビリの開始を遅らせてしまう方もおられまずが、その結果、大切なパートナーのQOL(生活の質)の低下を招いてしまう恐れがありますので、リハビリが受けられる状態になりましたらできるだけ早めに開始するようにしましょう。
「いつからリハビリを開始すればいい?」というご相談にもお応えいたしますので、お気軽にご連絡ください。

動物たちは異常を隠すことがあります

リハビリイメージ④:ライフ動物病院4足歩行の動物が異常な歩き方をしていても、飼い主様がそれに気づけないことがありますし、また関節などで異常が生じていても、動物はそれを隠そうとする傾向にあります。
なので、飼い主様の目には正常に映っていても、知らず識らずのうちに異常が起きていることがありますので、少しでも「おかしい」と思われたらお早めに当院へご相談ください。
言葉を使って異常を知らせることができない動物の健康を守るには、こうした飼い主様の“気づき”が非常に重要となります。通院が困難な場合、ご家庭でのリハビリをご提案します動物の状態によっては、当院への通院が困難な場合もあるかと思いますので、その際にはご家庭でも実施が可能なマッサージやリハビリメニューをご提案させていただきます。
「動物病院へ連れて行くのは難しいので、リハビリは無理」と決めつけてしまわずに、お気軽に当院までお問い合わせください。

各種リハビリで運動機能の回復を目指します

リハビリイメージ⑤:ライフ動物病院

エクササイズ

手技による関節可動域の運動、後ろ足立ち、ダンス、バランスボール上での起立などのエクササイズにより、関節・筋肉に負荷をかけて運動機能の回復を目指します。

マッサージ

手技によるマッサージで運動機能が低下した部位の血流を良くしたり、硬化した筋肉を柔らかくほぐしたりします。

トレッドミル

ルームランナーのようなリハビリ機器を使用して、起立や歩行などの運動を行います。

水中トレッドミル

小さなプール内の床が動くので、関節などに負担をかけずに水中を歩いたり、走ったりするなどの運動が行えます。

振動マシン

マシンから生じる振動により、関節などにほとんど負担をかけずに血行促進・筋力増加などの効果が得られるようになります。

0789266422

お問い合わせ