去勢避妊手術

  • HOME
  • 去勢避妊手術

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術を受けることで、望まない繁殖が防げるようになりますが、手術の目的はそれだけではありません。
将来、かかる可能性のある病気の予防というのも大きな目的なのです。
去勢手術では前立腺の病気、精巣・肛門周囲腺の腫瘍などの病気に対する予防効果が期待でき、避妊手術では子宮蓄膿症、卵巣・乳腺の腫瘍などの病気に対する予防効果が期待できるようになります。

去勢・避妊手術で予防可能な病気

去勢手術で予防可能な病気

・前立腺肥大
・前立腺炎
・精巣腫瘍
・肛門周囲腺腫
・会陰ヘルニア
など

避妊手術で予防可能な病気

・子宮蓄膿症
・卵巣腺腫
・乳腺腫瘍
・子宮内膜炎
など

去勢・避妊手術が大切な理由

ライフ動物病院:手術イメージ

望まない繁殖の防止

去勢・避妊手術を受けさせてあげることで、望まない繁殖を防ぐことができるようになります。
動物の繁殖を適切に管理することは、快適なペットライフを送り続けるうえでとても重要となります。

将来の病気予防に繋がる

雄の犬・猫に去勢手術を受けさせてあげることで、前立腺の病気、精巣の腫瘍、難病である会陰ヘルニアなどの疾患に対する予防効果が期待できるようになります。
また、雌の犬・猫に避妊手術を受けさせてあげることで、子宮や卵巣の病気、乳腺腫瘍などの疾患に対する予防効果が期待できるようになります。
特に、初回の発情前に避妊手術を受けさせることで、乳腺腫瘍の予防率が格段に高まります。

問題行動の軽減される可能性がある

去勢・避妊手術を受けさせてあげることで、問題行動が軽減される可能性が多少あります。
ただし、マーキングやマウンティング行為などの問題行動の消失を期待することは難しく、期待できても雄猫のスプレー行動の抑制程度です。
なので、あくまで去勢・避妊手術の大きな目的は望まない繁殖の防止と病気予防とお考えいただくのが良いと思います。

去勢・避妊手術のメリット・デメリット

去勢手術のメリット・デメリット

■メリット

・望まない繁殖が防げる
・前立腺の病気や精巣の腫瘍などへの予防
・難病である会陰ヘルニアの発症リスク低減

■デメリット

・一般的に太りやすくなると言われている

避妊手術のメリット・デメリット

■メリット

・望まない繁殖が防げる
・子宮や卵巣の病気への予防効果
・乳腺腫瘍の予防率が高まる(特に初回の発情前に受けると、予防率は99.9%とされている)

■デメリット

・一般的に太りやすくなると言われている
・開腹手術が必要

去勢・避妊手術を受けるタイミング

去勢手術、避妊手術ともに生後6~10ヶ月程度が手術のタイミングです。
犬・猫ともに、初回の発情前に避妊手術を受けさせてあげることで、乳腺腫瘍の予防率が格段に高まります。

去勢・避妊手術の流れ

1.ご予約
平日の月曜、水曜~金曜、土曜が手術日となっております。
通常、お電話でご予約いただけますが、動物の状態が把握できていない場合などには、事前診察が必要になる場合があります。
2.手術前日
手術前日の夜12時以降は絶食でお願いします(飲水はかまいません)。
3.手術当日
手術当日も引き続き、絶食でお願いします(飲水はかまいません)。
4.ご来院
ご予約いただいた日時に当院へお越しください。
5.術前検査
術前検査として、聴診や血液検査などを実施します。
6.麻酔・毛刈り・消毒
麻酔を実施して、毛刈りや消毒を行います。
7.手術
動物の状態を監視しながら、安全に手術を行います。
8.手術終了
手術が終わった後も、意識が戻るまで観察します。
9.お迎え
手術後の動物の状態に問題がなければ、去勢手術、避妊手術ともに当日の夕方ごろにお返しいたします。

その他の手術

神戸市西区のライフ動物病院では、去勢・避妊手術以外にも、軟部外科手術や整形外科手術なども行っております。
子宮蓄膿症や椎間板ヘルニアなどの疾患でお困りの飼い主様は、お気軽に当院へご相談ください。※手術に際しては事前診察、またはお電話でのご予約が必要になります
軟部外科手術の対象となる疾患

・子宮蓄膿症
・膀胱結石・尿道結石
・会陰ヘルニア
・腫瘍(がん)の摘出
など

整形外科手術の対象となる疾患

・骨折
・椎間板ヘルニア
・前十字靭帯断裂
・膝蓋骨脱臼
など

0789266422

お問い合わせ